懐かしのヌード【画像】バラエティー&CM編

      2018/08/08

40~50世代がよく観ていた、懐かしのバラエティー番組&CM出演者たちのヌード画像を紹介!

夕方に生放送していた人気番組の女性MCや、番組の企画で出した曲が大ヒットし、紅白歌合戦にも出演した3人グループの外国人アイドルのヌードをご覧ください!

(関連記事ー40~50男が涙する懐かしのドラマ女優ヌード【画像】もどうぞ。)

無修正 AV女優 素人 人妻 熟女 オリジナル

松本小雪|夕焼けニャンニャン初代MC

1985年~1987年まで放送されたフジテレビ系バラエティー番組『夕焼けニャンニャン』。

当時クラス中の男子たちが、この番組を見るために学校が終わると急いで帰っていました。

番組で放送開始から86年9月まで女性MCを務めていたのが、タレント兼イラストレーターの松本小雪さん。

ショートボブで黒い衣装。若者のエネルギーが満ち溢れる番組の中でどんな状況でも落ち着いていた彼女は周りより年長だと思っていたのですが、調べてみると一部のおニャン子メンバーとは同級生だったと言うから驚きです。

そんな彼女がヌードになったのは、高校3年生の18歳のとき。写真家・篠山紀信氏が撮影。

(関連記事ー篠山紀信がヌードにした女優たち【昭和編その2】もどうぞ。)

番組を卒業した後は、エッセイやイラストレーターとしての活動に比重を置いていましたが、

担当していた新聞小説の挿絵の盗作を疑われ、表舞台から消えていってしまいます。

現在は、主婦業をしているとのこと。日に焼けた跡がエロさを誘いますねぇ~。

内海和子|おニャン子メンバーのサンタフェ風ヌード

おニャン子クラブの中でもヌードになった方がいます。

それは、会員番号13番の内海和子さん。

彼女は『夕ニャン』のコーナー「ザ・スカウト・アイドルを探せ!」に出場し、河合その子さんと富川春美さんと共に合格。1993年にヘアヌード写真集を出版。

なんか雰囲気が、宮沢りえさんの写真集『Santa Fe』みたいですね。

現在51歳の内海和子さん(2018年現在)。立派なじゅくじゅくの熟女になっておられます。

新田恵利|ソックリさんAV

えっ、会員番号4番の新田恵利さんもヌードに!?

いやいや違います。

こちらの女性は、新田恵美さん。そっくりさんのAV女優の方です。ホント似ていますねぇ~。

当時の男子ファンたちはこれを観て抜いていたんでしょうね。

ちなみに新田恵美さんは、日活ロマンポルノ女優たちで編成した「ロマン子クラブ」の会員番号は1番でした。

鷲尾いさ子|鉄骨娘の横乳

平成元年の1989年、サントリーから発売された飲料水『鉄骨飲料』の「そ~れそ~れ、てっこついんりょ~」と歌い踊ったCMで一躍有名になった女優・鷲尾いさ子さん。

1995年に俳優の仲村トオルさんと結婚。

現在は難病のため、女優業は休止しているみたいです。

自分の中で鷲尾いさ子さんと言えば、鉄骨娘よりも全日空(ANA)水着キャンペーンガール時代(1985年)のこの広告の印象の方が強いですね。

水着脇からチラリと覗く小振りなカワイイ横乳。

この広告を見て、当時10代だった私の下半身はキュンとしちゃったのを覚えています。

1986年には、主演した映画『野ゆき山ゆき海べゆき』でヌードになり、横乳首も披露しちゃっています。

こちらは、コラなのか本物なのか分かりませんが、胸のところまで肌を出したドレスから乳首がポロッと出てしまった画像も。

この手のドレスを着る人に、よくあるハプニングですよね。

横山知枝|やまだかってないWINK

1989年にお笑いタレント・山田邦子さんの冠番組『邦ちゃんのやまだかってないテレビ』。

このコーナーから誕生した女性デュオ・やまだかってないwinkのメンバー横山知枝さん(画像左側)。

彼女らの出した卒業ソング『さよならだけどさよならじゃない』が、オリコン週間2位の大ヒット。

今でも歌い継がれる名曲、kANの『愛が勝つ』や大事MANブラザーズバンドの『それが大事』も、この番組がキッカケで大ヒットします。

横山知枝さんは、当時人気だったアイドルデュオ・winkの鈴木早智子さんのそっくりさんを見つけるコーナー『日本全国幸子を探せ』オーディションで優勝し、歌手デビュー。

同番組終了後は大学に進学し、ソロ活動。卒業後にヌードを披露しています。

この番組は観ていなかったのであまりこの方を知らないんですが、さっちんにはあまり顔は似ていないような…歌声が似ていたのでしょうか?

でも自分的には、こちらの横山知枝さんの方がタイプですね。顔はさっちんよりも、女優の檀れいさんの方が似ている気がします。

その後の彼女ですが、モーニング娘。を生んだオーディション番組『ASAYAN』に応募したり、新たにディオを組んでアーティスト活動などをしていたようですが、2011年のライブイベントを最後に芸能界を引退しています。

ビビアン・スー|ウリナリで人気になった台湾の宮沢りえ

1996年~2002年に日テレ系で放送された、お笑いコンビ・ウッチャンナンチャンの冠番組『ウッチャンウリウリ!ナンチャンナリナリ』(通称ウリナリ)

この番組企画で誕生したユニット、ブラックビスケッツのメンバーだったビビアン・スーさん(画像中央)。

台湾出身のアイドルで、日本進出当時のキャッチコピーは「台湾の宮沢りえ」。

彼女がヌードになっていたのを知ったときは驚きましたね。そして、小振りなお椀型のオッパイが美しかった!乳輪が特によかった!

当時彼女のファンだったわたしは、このヌードを見て毎日シコシコしておりました。

ブラックビスケッツは、1998年に発売した『タイミング』が200万枚のダブルミリオンを記録し、同番組のライバルユニット・ポケットビスケッツと共にNHK紅白歌合戦にも出場しています。

 - 懐かしのアイドル , , ,