昭和40~50男が涙する懐かしアイドルヌード【画像】

      2018/08/08

『平成』という一つの時代が終わりに近づき、昭和40男のわたくしは年号が変わる事に恐怖しております。ブルブル。

Why、ナゼって…?

だって年号が変われば、さらに〈自分が歳を取った気分〉に陥ることになる訳ですから…。

髪に白髪が混じりお腹も出てきて精力も減退して、十二分に自分が老いている事を実感しているのに、ここで更にジジイであることを突き付けられるんですよ!?

昭和が64年まで続いたから平成だってそれくらい続くと思っていたのに、自分が3つの時代を経験するなんて!

昭和生まれにとって3世代前といったら「大正」ですよ?

子供の頃、大正なんて言ったら大昔だって思っていましたよ!これから先、何かの機会に新しい年号に生まれた子供たちに、自分が〈昭和生まれ〉だと言う時がやって来たとき、

「しょうわ!?大昔じゃん!」…なんて驚かれ引かれる事に、今から恐怖を覚えるわたくしなのです。

そして「時代」を振り返るとき思うのが、我が青春時代。

精力がみなぎり毎日オナニーをしていた10代の頃…。あの頃はよかったなぁ~。自分が将来、中折れするなんて全然思ってもみなかったもの…。

と、わたしが郷愁に浸りたいということで、今回はあの頃に青春時代を過ごした昭和40~50代男が下半身を熱くした女性芸能人たちを紹介します!


かわいい女性や綺麗な女性が、本気でSEXする姿を無修正で。

テレビを夢中で観いたあの頃ピカピカに輝いていた女優たち

今のテレビは「老年期」に入り、いつ倒れてもおかしくない状態になってしまいましたが、あの頃のテレビは若かった。ピカピカに輝いていました!

いま思うと、あの頃のTVは私たちのように〈青春真っただ中だった〉のかもしれません。ドラマ・バラエティー・CM、どれもみんな勢いがあり面白かったですよねぇ。

ここでは、そんな自分が夢中になって観ていたドラマの、ちょっと大人の憧れていた女優さんや胸をときめかせたアイドルたちの水着&ヌード画像を紹介!

これから紹介するヌード画像の中には「えっ!?この女優さん脱いでいたの!?」なんてアナタが驚いてしまう人もいるかもしれませんよ?

(おススメ記事ーあの人も脱いでいたの?!昭和の芸能人ヌード【画像】もどうぞ。)

西遊記|夏目雅子の日焼けヌード

まず始めは、40男の自分がこれまで見てきたTV番組の中で〈トップ3に入る〉と言っていいくらい好きなドラマ『西遊記』。

このドラマを観ていた方は皆さんそうでしょうが、好きだったのは猪八戒役を西田敏行さんが演じていたときの第1シリーズ(1978年10月~1979年4月)の方。

第2シリーズ(1979年11月~1980年5月)の左とん平さんの猪八戒は、孫悟空演じる堺正章さんとの掛け合いが今一つでしたが、そこを差し引いてもホントたまらなく好きなドラマでした。

(ちなみに西田さんが降板した理由は、主演ドラマ『池中玄太80キロ』に出演するためとも、西田さんの子供が父親がブタを演じていることでイジメにあったからとも言われています。)

出来るならもう一度、堺さんと西田さんのあのアドリブの掛け合いが観たいなぁ~。何かのドラマで共演して欲しいものです。

おっと!そんな話より女優さんたちのヌード画像を紹介しないとね。

その『西遊記』のドラマで、三蔵法師を演じた女優・夏目雅子さんのヌード画像がこちら。

あの時代は日焼けするのが〈健康的なイメージ〉ということで、みなさん肌を焼いていましたねぇ。

いま肌を焼く女性芸能人なんて〈こじるり〉くらいでしょう。三角型の小振りのオッパイが可愛いです。

広告撮影でのオフショット・ヌード写真。

今と違って、あの頃の化粧品メーカーのキャンペーンCMはオシャレで素敵でしたよね。CMで使われたキャンペーンソングは、その時代を代表する名曲になりました。

コメットさん|大場久美子ヌード

昭和40男の自分にとって特撮ドラマ『コメットさん』と言えば、第2シリーズ(1978年6月~1979年9月)の大場久美子さんの方。

ちなみに、ファーストシーズン(1967年7月~1968年12月)は女優・九重佑三子さんが演じていました。

コメットさんは、『鉄人28号』で知られる漫画家・横山光輝氏により『週刊マーガレット』に連載されていた漫画。(『魔法使いサリー』も横山氏だったって知っていました!?)

乙女座宮の星娘コメットさんは、星の学校の優等生。卒業試験の課題「地球上で最も美しいモノを探す」ためUFOで地球へとやって来たコメットさんは、家庭でお手伝いさんとして働きながら美しいもの探しを始める…という内容のドラマでした。

ファーストシリーズはコメディーの要素が強かったのに対し、2代目の大場久美子さんのコメットさんは〈恋愛ドラマ〉としての要素が重視されたと言います。

こちらが、そのコメットさんを演じた大場久美子さんのヌード画像。

日焼けした肌に腕で隠しきれず、見えてしまっている白い下乳がエロいですね。

わたしが大場久美子さんと聞いて思い出すのが、「オナニー発言」。

なんと!彼女。ある雑誌のインタビューで、アイドルにもかかわらず「好きな男性の顔を思い浮かべながらオナニーしたことがある」あると衝撃告白!

当時それを知った彼女のファンは、きっと頭の中でそのオナニーシーンを想像した事でしょうね。

ミノルタCM|宮崎美子のピカピカに光っていた水着姿

あのミノルタのCMの衝撃は今でも忘れません。

南の島の木陰で、人目を気にしながらTシャツとGパンを脱いで水着姿になる宮崎美子さん。バックには斉藤哲夫さんが歌う『いまのキミはピカピカに光って』…。ホント良いCM でしたよねぇ。

この「ピカピカに光って」の曲は、このCMを担当していたコピーライターの糸井重里さんが30秒だけあった曲に歌詞を付けたところ人気になり、急きょ発売したんだとか。

いやぁー、いま見ても素晴らしい身体をしていますねぇ~。

子供の頃に彼女のこの水着姿をみたことで、40男のわたしは〈ムッチリの巨乳好き〉になった…と言っても過言じゃありません!

実は、このミノルタ一眼レフカメラ「X-7」のCM。宮崎美子さんの他に〈2人の女性モデルが同じ動作をしたCM〉があったって知っていました…?

1人は宮崎さんより年上のプロのモデル、もう1人は女子高生だったと言います。

彼女らのCMはすでに撮り終えており、宮崎さんの後に2弾3弾と流されるはずでしたが、

宮崎美子さんのバージョンがあまりにも人気だったため、お蔵入りになり放送されなかった…と言います。

『Gパン脱ぎ』のCMが話題になった事で宮崎さん出演で、他に『浴衣編』『水撒き篇』『ハンモック編』『ビキニ姿でフリスビー編』が作られました。

このCMの影響はすさまじく、TシャツとGパンを脱いでビキニ姿になる動作は、当時大人気だった『8時だョ!全員集合』でドリフターズ・志村けんさんのコントのネタにされたりもしました。

志村けんさんは、宮崎さんの大ファンだったと言います。

その影響はマンガ界にも…。

昨年の2017年12月をもって漫画家を引退した『The・かぼちゃワイン』の作者・三浦みつる氏は、この宮崎さんのCMにインスピレーションを受け『かぼちゃワイン』を執筆するキッカケになったと言います。

この漫画のヒロインである朝丘夏美(愛称・エル)は、宮崎美子さんがモデルなんだそう。

なんと!

子供の頃にアニメ放送されていた『The・かぼちゃワイン』を観て、背が高くてムッチリした体型のL(エル)が好きでしたが、ここで繋がっていたとは!

やはり、40男の私の性癖の始まりは宮崎美子さんと言うことかぁ!

(おススメ記事ーぽっちゃりグラドル5人&小デブヌード10人【画像】もどうぞ。)

 - 懐かしのアイドル , , ,