セイントフォー|再始動した伝説のアイドルヌード【画像】

   

アイドル全盛期の80年代に、40億円の巨大な予算を掛け売りだしたと言われる4人組アイドルグループ・セイントフォー

当初は曲中にバク宙をするなどの派手なアクションを見せ注目されるも、所属事務所とレコード会社のトラブルでわずか2年2ヵ月という短い活動期間で解散しなくてはならなかった悲運のメンバーたちのヌード画像を紹介!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

セイントフォーの受難

1982年に『あなたもスターに!』というプロダクションのダイレクトメールに応募してきた3万人の女の子の中から選ばれた4人で結成されたセイントフォー。

しかし、デビューのためのレッスンがスタートするも2人が辞退。

当初からいた岩間沙織さん(右端)と鈴木幸恵さん(右側2番目)に、浜田範子さん(左2番目)と板谷祐三子さん(左端)が加入し、1984年に晴れてデビューを果たします。

さっそくデビュー前から2人が辞めると言う受難に合いますが、これが最初ではなく彼女たちは応募した時点で受難、詐欺に合っていたのです。

彼女たちの所属していた芸能事務所は無差別にダイレクトメールを送り、これに応募してきたアイドルを目指す女の子から登録料として30~40万円を徴収。4人には給料も支払われていなかったそうです。

さらに、彼女たちの主演映画『ザ・オーディション』も純粋な作品ではなくセイントフォーの妹分を募集して同様に登録料を取るための詐欺映画。

これに応募し追加メンバーになった女性の両親は、娘が知らない間に追加料金を払わされたと言います。

芸能界ってヤクザですねぇ~。怖い怖い。

所属事務所vsレコード会社

彼女たちの所属事務所は元々はタレントの養成所で、事務所にとっては彼女たちが初めて手掛けるタレントだったのがセイントフォー。

そんな出来て間もない会社が40億円もの大金を使ってデビューさせられる訳はなく、レコード会社が大きく係わっていたみたいです。まぁ、当然と言えば当然ですね。

(40億円と言うのも誇大宣伝だったらしく、実際は7億円程度だったそう。とは言っても、かなりの大金。現在こんな予算を使ってデビューするアイドルなんて皆無でしょう。)

しかし、その事が所属事務所とレコード会社の対立を生むことになってしまいます。

それまでのアイドルと一線を画す派手なアクションと激しいダンスを売りにしたい事務所と正統派アイドル路線でいきたいレコード会社の間に深い溝ができ、

彼女たちはレコードが出せないという最悪の状態にまでなってしまったのです。

新曲も出せず、テレビにも出ることもなくなり、人気は急降下。彼女たちの活動の場はライブハウスだけになってしまいます。

そんな状況を1年近く続けましたが事態は裁判沙汰にまでなり、1986年12月にとうとうグループは解散することになります。

活動期間2年2ヵ月で実質活動できたのは1年ぐらいなのでしょう。大人たちに騙され争いに巻き込まれた悲運のアイドルたち…。

最後のコンサートで彼女たちは「私たち解散したくてするんじゃないんです。ただ歌が好きで、ずっと歌っていたかっただけなのに…」と語ったそうです。

セイントフォー・メンバーヌード

メンバーたちは解散後、女優や声優へと転身、新たにユニットを組み歌手活動を行うなどしていましたが、

32年の時を経て、2018年3月にオリジナルメンバーの濱田、岩間、鈴木の3人でセイントフォーを再始動しました。

各々で活動している間にセイントフォーの4人のうち、3人がヌードを披露しています。

それでは見てみましょう!

浜田範子(現・濱田のり子)

グループでは、センターボーカルを務めていた浜田範子さん。イメージカラーはピンク。

グループ解散後は同メンバーの鈴木幸恵さんとセクシーアイドルユニット・『ピンクジャガー』を結成。

1994年に女優へと転身しグラビアやVシネマで活躍。2009年には芸能人専門のAVメーカー・MUTEKIからデビュー。

板谷祐三子

グループでは、コーラスとバックダンスを担当していた元祖・メガネっ子アイドル板谷祐三子さん。イメージカラーはレッド。

事務所とレコード会社の対立で主だった活動が出来なくなったからか、引き抜きに合い1986年にグループを脱退。(脱退後はメガネを外したようですね。伊達メガネだった?)

当時高校3年だった彼女は「学業に専念したい」と言う理由で辞めたものの、数か月後に他の芸能事務所のタレントとして新たにデビューしたのです。

グループ最年少で人気メンバーだった彼女の存在は大きく、解散が早まった原因とも…。

脱退後は、グラビアやオリジナルビデオでヌードを披露するなど、セクシー路線で活躍しました。

グループの再始動には、オリジナルメンバーで唯一の不参加者。

メンバーによると連絡が取れないという事ですが、彼女からすれば騙すような形で脱退したので皆に合わせる顔も無いのでしょう。

岩間沙織(岩間さおり)

グループではコーラスとバックダンスを担当していた岩間沙織さん。イメージカラーはグリーン。

結成時からデビューするまでリーダーを担当。

解散後は女優として活動し、1991年にヌード写真集『ラビリンス』を発表。現在は舞台を中心に活動していると言います。

芸能活動の他に、介護タクシーの運転手や訪問介護の仕事も兼務しているとのこと。

なんか、現在活躍している女優の芳根京子さんに似ていますね。

鈴木幸恵

グループでは、デビューから解散までリーダーを務めた鈴木幸恵さん。イメージカラーはブルー。

オリジナルメンバーでは、唯一ヌードになっていません。

グループ解散後は、同メンバーの浜田範子さんと新ユニット『ピンクジャガー』を結成。

その後、バックバンドを担当していたメンバーとロックバンド・CHABACCO(チャバッコ)を結成。

1990年に、バンドのベース担当の男性と結婚し脱退。

セイントフォーを再始動するまでの間は、地域のイベントや東京ディズニーランドでミッキーと一緒に歌ったりと歌手活動を継続していたと言います。

 - 懐かしのアイドル ,