岡田奈々|事件後の悲劇|襲われたアイドルの現在

      2018/08/08

近年、狂信的なファンにアイドルたちは危険にさらされています。

2014年にAKB48の握手会で、人気メンバーの川栄李奈さんと入山杏奈さんらがファンの男にのこぎりで襲われ大怪我を負わされた事件や、

2016年に、音楽活動をしていた富田真由さんがファンの男にメッタ刺しに合い重傷を負った事件。

最近も幕張メッセで行われた欅坂46の握手会で、果物ナイフを所持していた男が発煙筒をたき逮捕された事件がありましたが、

そんなファンらによる事件は今に始まった事ではなく、何十年も前から絶えず起こって来ました。

今回は、往年のアイドル・岡田奈々さんと田村英里子さんらの「ファンが起こした事件」を紹介。

彼女らは、どんな恐怖体験をしたのでしょうか?

そして、事件後に起こった悲劇とは…。

TRAUMA X

岡田奈々|監禁レイプ事件|美少女アイドルの現在

岡田奈々さんは、オーディション番組『あなたをスターに!』で第2回チャンピオンになったのをキッカケに、1975年の16歳のとき『ひとりごと』で歌手デビュー。

中村雅俊さん主演のドラマ『俺たちの旅』で、田中健さんの妹・中谷真弓役を演じるなど、女優としても活躍していました。

そんな彼女が事件にあったのは、1977年7月15日のこと。

深夜に仕事を終え、港区の自宅マンションに帰った彼女。

部屋に入ると少し暑かったそうですがエアコンは付けず、ベランダの窓を開けそのままベッドで寝たそうです。

しかし、その事が悲劇を招いてしまうことに…。

ファンの男が空室だった隣から、ベランダをつたって岡田さん宅に侵入。

寝ていた彼女の手足をシーツやネクタイで縛り、さらにベッドに縛り付けたんだそう。

抵抗し争ったとき、ファンの男が持っていた果物ナイフを岡田さんが素手で握ってしまい、

彼女は血だらけになり、30針を縫う大ケガを負ってしまいました。

ファンの男はというと、ベッドに縛り付けられた岡田さんに向かってアイドルとしての心構えやアドバイス、さらには説教までしたあげく、

岡田奈々さんの新曲『らぶ・すてっぷ・じゃんぷ』のテープに合わせ、歌ったり踊ったりしたんだとか。

そのファンの男は朝まで5時間居座ったあと、

血だらけになったシーツやパジャマなど持ち去って行ったとのこと。

事件後に所属事務所は記者会見を開き、岡田奈々さんは両手に包帯を巻いた状況で事件の顛末を説明したと言います。

その当時、出演中だったドラマ『俺たちの朝』には、事件の2日後から出演したというからスゴイ!

残念ながら、岡田奈々さんを襲ったファンの男は逮捕できずに時効が成立してしまったそうです。

この事件以後、岡田奈々さんはアイドルとしての人気は落ちてしまい、アイドル歌手を辞め女優に専念するようになります。

やはりファンが離れたのは、岡田さんがその男に「レイプされた」と考えたからでしょうか。

彼女のファンだった人たちからしたら、耐えられなかったのかもしれませんね。

現在の岡田さんですが、いまも女優を続けており、2014年には映画『恋』で21年ぶりの主演を果たし、昨年も映画『海すずめ』で主演の武田梨奈さんの母親役で出演しました。

58歳になった現在も独身を貫いていますが、「結婚願望はいつも持っている」との事です。

(結婚しないのは、事件を今でも引きずっているからでしょうか。岡田奈々さんのような美人の遺伝子を残せないのが残念ですね。)

危機に陥った女たち

田村英里子|半パイアイドル|事件後に海外へ

女優の宮沢りえさんの「ふんどし姿」に負けず劣らず話題になった、「半パイ・半ケツ」を披露した90年代を代表する人気アイドル・田村英里子さんもファンによる事件にあった一人。

彼女は、95年に愛知県の蒲郡(がまごおり)ボート場の競艇イベントに出演するため地元のホテルに宿泊した夜、ホテルの従業員を名乗る19歳の男性ファンに襲われかかったそう。

朝の5時半ごろ、犯人は合鍵で彼女の部屋に忍び込み、彼女の荷物を物色していたんだとか。

物音に気付き起きた彼女は、忍び込んだ男性ファンに驚き悲鳴を上げたそうですが、

男は動じずその場所におり、彼女が隣の部屋のマネージャーを大声で呼ぶと犯人は逃げ出したとの事です。

(ほかに、寝ていた彼女の脇に立って覗き込んでいたという話もあります。)

犯人は即日逮捕され、幸い彼女にケガなどはなかったようですが、

事件の当日のイベントは事件の恐怖を思い出したためなのか、彼女がライブ途中で泣き崩れ中止に…。

その後も仕事はキャンセル状態になったそうです。(やはり彼女もレイプされてしまったんでしょうか。)

事件が原因かは分かりませんが、間もなくして田村英里子さんは日本の芸能界から離れ、

仕事場を海外に移し、海外ドラマなどに出演するようになります。

2007年には、人気ドラマ『HEROES』セカンドシーズンで〈伝説の刀鍛冶の娘役〉に抜擢されるなど、

現在も海外を中心に活躍しているようです。

ただ、田村英里子さんが事件あったのは、これだけではなかったのです!

1度あることは、2度あるというのでしょうか?

「ホテル事件」の翌年に、バカンスで訪れていたマイアミのホテルでも、黒人のドアボーイに同じ目にあったというから驚き!

ライオンに襲われ、すぐさまヒョウにも襲われた女優の松島トモ子さんみたい。

「悲劇」というのは、続け様に来るものなのですね。

40代の熟女になった田村英里子さん。今でも十分お美しいですね。

本田理沙|ナイフを付き付けられ胸を揉まれ…

1988年に、『Lesson2』でアイドル歌手としてデビューした本田理沙さん。

(同期には、高岡早紀さんや田中律子さん、西田ひかるさんに藤谷美紀さんらがいます)

グラビアアイドルとしても活躍した彼女は『写真集の女王』と呼ばれ活躍していましたが、人気絶頂だった26歳のときに突如芸能界を引退。

その理由は当時あきらかにされていませんでしたが、彼女は「ストーカー被害」にあっていたと言います。

それも一人ではなく、複数の男性から付きまとわれていたそう。

付きまといや盗聴などは当たり前。

高校生のときには、自身の住むマンションに引っ越してきて入居の挨拶をするフリをして部屋の中に侵入しようとしたり、

エスカレーターに乗ったときにストーカーが乗り込んできて、上半身の服を下着ごと全部めくられ胸を揉まれ続けたこともあったとか。

「動くな、オレはナイフを持っているから…」

そう言われた彼女は「あ、もう死ぬな」と、死を覚悟。

しかし、丁度その時に他の住人がエレベーターを呼んだことで、犯人は逃走し難を逃れたそうです。

そのマンションはすぐ引っ越したそうですが、ストーカー被害が収まることはありませんでした。

本田さんは、その度重なる被害で体調を悪くし「突発性難聴」を発症、引退を決意したと言います。(2度の結婚&離婚を経験。2児の母)

2008年に、週刊誌のグラビアで芸能界復帰。

現在は、故郷の大分県に拠点を移し、ローカルラジオパーソナリティーやタレント養成スクールの代表として活動しているそうです。

 - 懐かしのアイドル , ,