10代でヌードになった懐かしの美少女【画像】

      2018/08/08

90年代に人気だった4人組セクシー・グループの美女メンバーや人気ドラマに出演していた女優の衝撃のSMヌード、AKB48の前進ともいえる人気アイドルグループを生んだバラエティー番組の女性MCのヌード…

少女から大人に変わる直前の10代後半にヌードになった女性芸能人たちを紹介します!

(関連記事ー10代の美少女のときにヌードになった女優たち【画像】もどうぞ。)

アダルト動画 DUGA -デュガ-

青田典子19歳

まずは、1990年代にオスカープロモーションが主宰した「日本美人大賞」の上位入賞者たちで結成した4人組の人気セクシー・グループ『C.C.ガールズ』のメンバーだった青田典子さんの美少女時代のヌードから。

彼女がヌードになった19歳の頃はまだ「C.C.ガールズ」ではなく、名前も「森陽子」という芸名で活動していました。

この頃からすでに十分セクシーですが、顔も身体もまだまだ幼さが感じられますね。

白い柔肌に色素の薄い乳輪がエロい!

現在の彼女は芸能活動はしておらず、夫でアーティストの玉置浩二さんのサポートに徹していると言います。

東てる美18歳

こちらは、TBS系ドラマ『渡る世間は鬼ばかり』の小姑役など脚本家・橋田寿賀子さんの作品に数多く起用された女優・東てる美さんの18歳の頃のヌード。

下の画像で「処女です」なんて書かれちゃっていますが、ホントだったんでしょうかね?

そんな彼女のデビューは、なんとピンク映画から。

日活ロマンポルノではSMモノにも出演していましたが、こんな素晴らしい容姿ですから次第にアイドル路線にシフトし、人気女優となります。

やがて仕事はテレビドラマや舞台へと移行していき、その人気から彼女は「ロマンポルノ出身で一般作も成功した女優」と言われました。

彼女は舞台でヌードを披露することがあってもドラマでは「お金を払って私の裸を見に来て下さるファンに申し訳ない」とし、裸になることを拒否したと言います。

現在の彼女は芸能活動よりも、漫画の古書店をチェーン展開(一時期40店舗まで拡大!)や高級イチゴ生産を行う実業家としての活動をメインに置いているそう。

洞口依子18歳

1992年のフジ系大ヒットドラマ『愛という名のもとに』で、一躍人気女優になった女優の洞口依子さん。

しかしその後の彼女は、

パニック障害に酒浸り、20キロの激太り、子宮ガン摘出後~後遺症とだいぶ苦しんだようです。

そんな彼女がヌードになったのは、18歳のとき。

雑誌『GORO』の激写モデル(篠山紀信氏撮影)として芸能界デビューしました。

(関連記事ー篠山紀信がヌードにした女優たち【平成編その1】もどうぞ。)

いやー、素晴らしいヌードですね。

顔は丸く、幼さを残した透明感のあるなかなかの美少女です。

(関連記事ー40~50男が涙する懐かしのドラマ女優ヌード【画像】もどうぞ。)

松本小雪18歳

AKB48の前進ともいえる「おニャン子クラブ」を生んだ伝説のバラエティ番組『夕やけニャンニャン』の初代MC・松本小雪さん。

彼女がヌードになったのは、1984年の満18歳になってすぐのこと。

このとき撮影したのは、洞口さんと同じく篠山紀信氏。

ホント、篠山紀信はうらやましいわぁ。

ただ、このとき松本小雪さんはまだ高校生だったため彼女の卒業を待ち、卒業後に雑誌『写楽』『GORO』で、このフルヌード写真を発表したと言います。

胸元の薄らと日に焼けた部分と、水着で隠れていた白い肌のコントラストが堪りません!

(関連記事ー懐かしのヌード【画像】バラエティー&CM編もどうぞ。)

 - 懐かしのアイドル , , ,