内田理央のふんどし【画像】特撮ヒロイン出身女優たち

      2018/08/08

ドラマ放送時では観ることが出来なかった、特撮ヒロイン出身女優たちのヌードや水着姿、はみケツ、ふんどし姿などを紹介!

もー、こんなエッチな姿、子供たちに見せられません!

特撮出身女優のジンクス

いま活躍しているイケメン男性俳優たちには「特撮ヒーロー出身者」が多くいます。

少し上げてみますと、菅田将暉さん(仮面ライダーW)・竹内涼真さん(仮面ライダードライブ)・志尊淳さん(烈車戦隊トッキュウジャー)

千葉雄大さん(天装戦隊ゴセイジャー)・綾野剛さん(仮面ライダー555)・玉山鉄二さん(百獣戦隊ガオレンジャー)・松阪桃季さん(侍戦隊シンケンジャー)

オダギリジョーさん(仮面ライダークウガ)・福士蒼汰さん(仮面ライダーフォーゼ)・佐藤健さん(仮面ライダー電王)・瀬戸康史さん(仮面ライダーキバ)・要潤さん(仮面ライダーアギト)など…。

最近活躍している国宝級イケメン俳優・中村大志さんも、日清食品『日清焼そばU.F.O』CMでU.F.O仮面ヤキソボーイとして活躍(?)

…とまあ、とにかく現在のドラマや映画の主役は、ほぼ彼らが務めており〈ヒーロー出身者抜き〉では成り立たないほどです。

一方、「特撮ヒロイン」の方はどうでしょう!?

彼らの活躍に比べ、女優として活躍されている人があまりいない気がします。

昔から『特撮のヒロインは大成しない。』というジンクスあるようですが、ただ最近はその状況も徐々に変わって来ています。

…と言うワケで今回は、現在活躍している人気特撮ヒロイン出身女優&モデルを紹介します!

アダルト動画 DUGA -デュガ-

特撮ヒロイン出身の女優が売れない理由

特撮ヒーロー・ヒロインは基本、デビューしたての新人俳優さんたちが出演します。

「仮面ライダー」や「スーパー戦隊」の番組は、普通のドラマが3ヵ月と短いスパンなのに対し1年間放送しますから、

演技経験の少ない彼らにとって、じっくりと役に対し向き合うことが出来る貴重な時間と言えるでしょう。

そして、視聴者は子供たちばかりではなく、親も一緒に観る場合も多いので「顔を売る」ことが出来ます。

若いイケメンがカッコをつけて悪者をやっつける訳ですから、若い母親たちがメロメロになってしまうのも無理はありません。

子供よりも、自分の方が番組に夢中になってしまう母親もいるみたいです。

しかし、父親の方となると可愛いヒロインがカッコよく悪者を倒しても「カワイイ!」とはなりません。

ヒロインを売らすために、敵を怖がって女性の「か弱い部分」を見せるのも違いますし、子供番組であまり女性的な「セクシーさ」を出す訳にはいきません。

それに男性の場合、ヒロインより変身後のヒーローに夢中になるのでしょう。

そういう理由もあって、ヒロインが売れないのかもしれません。

スーパー戦隊のヒロインたち

まずは、『スーパー戦隊シリーズ』のヒロインを紹介!

そういえば、昔のスーパー戦隊のヒロインは5人組に「紅一点」と言う感じでいましたが、現在は女性2人制が増えているんだそう。

1981年放送の『太陽戦隊サンバルカン』で男性メンバーのみにしたところ、女児からの評判が良くなかった事から、次の作品の『大戦隊ゴーグルファイブ』(1982年放送)で復活。

始めて女性が2人になったのは、1984年放送の『超電子バイオマン』からでした。

さとう珠緒(超力戦隊オーレンジャー/オーピンク)

特撮出身で有名になった女優と言えば、古くは角川映画『二代目はクリスチャン』で主演した志穂美悦子さん(キカイダー01でビジンダー役)がいますが、

彼女は、千葉真一さん主宰の『ジャパンアクションクラブ』出身の本格派。

近年のアイドル的な感じで人気になったのは、「さとう珠緒」さんが初めてじゃないでしょうか。

彼女は、1995年にスーパー戦隊シリーズ『超力戦隊オーレンジャー』の丸尾桃(オーピンク)役で出演。

番組終了後は〈ぶりっ子キャラ〉で人気になり、1990年代バラエティー番組などで活躍しました。

逢沢りな(炎神戦隊ゴーオンジャー/ゴーオンイエロー)

逢沢りなさんは、2008年のスーパー戦隊シリーズ『炎神戦隊ゴーオンジャー』に、楼山早輝(ゴーオンイエロー)役で出演。

同年に『第87回全国高校サッカー選手権』の応援マネージャー就任。

現在の彼女は、主に女優として活動しており、2017年からは4年ぶりにグラビアモデルとして活動再開。

高梨臨(侍戦隊シンケンジャー/シンケンピンク)

高梨臨さんは、2014年NHK連続テレビ小説『花子とアン』に出演し人気に火が付き、

現在は、日テレ系ドラマ『恋がヘタでも生きてます』で主演。

来年は、大河ドラマ『西郷どん』にも出演する人気女優になりました。

2009年のスーパー戦隊シリーズ『侍戦隊シンケンジャー』で、白石茉子(シンケンピンク)役で出演。

主演のシンケンレッド役は、現在人気俳優となった松坂桃李さん。

小宮有紗(特命戦隊ゴーバスターズ/イエローバスター)

小宮有紗さんは、2012年のスーパー戦隊シリーズ『特命戦隊ゴーバスターズ』の宇佐見ヨーコ(イエローバスター)役で、テレビドラマ初出演。

2015年に、アニメ『ラブライブ!サンシャイン』で、黒澤ダイヤ役で声優デビュー。

飯豊まりえ(獣電戦隊キョウリュウジャー/2代目キョウリュウバイオレット)

飯豊まりえさんは、ファッション雑誌『ニコ☆プチ』の専属モデルなど、ファッションモデルとして活躍。

2013年のスーパー戦隊シリーズ『獣電戦隊キョウリュウジャー』に、弥生ウルシェード(/)役で出演。

最近では、映画『きょうのキラ君』でヒロインを演じ、映画『暗黒女子』では、同じ特撮ドラマ出身の清水富美加さんとW主演を果たしています。

その他

その他に、女優・水野美紀(1990年スーパー戦隊シリーズ『地球戦隊ファイブマン』のミリア星人ソーラ役)

元・グラビアアイドルの山本梓さん(2002年スーパー戦隊シリーズ『忍風戦隊ハリケンジャー』のフラビージョ役)

女優・タレント・キャスターとして活躍しているホラン千秋さん(2005年スーパー戦隊シリーズ『魔法戦隊マジレンジャー』の敵キャラ・ナイ役)などがいます。

仮面ライダーヒロインたち

『スーパー戦隊』のヒロインは悪者と戦いますが、基本、仮面ライダーのヒロインは戦わずに〈ライダーを見守る〉のが役割といえます。

広瀬アリス(仮面ライダー×仮面ライダーW/電波人間タックル&岬ユリコ)

2009年ファッション誌『セブンティーン』の専属モデルオーディションでグランプリを獲得。

同年に、映画『仮面ライダー×仮面ライダーW&ディケイドMOVIE大戦2010』の岬ユリコ/電波人間タックル役で女優デビュー。

彼女はタックルを演じるにあたり、タックルが出演した過去の作品『仮面ライダーストロンガー』を観たそう。

妹は、女優の広瀬すずさん。

清水富美加/千眼美子(仮面ライダーフォーゼ/城嶋ユウキ)

清水富美加さんは、宗教家で元女優。

2008年『レプロガールズオーディション2008』で、グッドキャラクター賞を受賞しデビュー。

2009年~2012年の休刊まで、中学生ファッション誌『ラブベリー』の専属モデルを務めます。

2011年の特撮テレビドラマ『仮面ライダーフォーゼ』に、城嶋ユウキ役で出演。

2015年に、NHK連続テレビ小説『まれ』でヒロインの同級生役で出演しブレーク。

その後も数々のドラマや映画で大活躍するも突如芸能界を引退し、『幸福の科学』での活動に専念する事に…。

主演の如月弦太郎/仮面ライダーフォーゼ役は、いま人気の俳優・福士蒼汰さん。

無修正動画配信 ZIPANG-ジパング

奥仲麻琴(仮面ライダーウィザード/コヨミ)

アイドルグループ『PASSPO☆(ぱすぽ)』の元メンバー(2015年卒業)。

2012年の特撮テレビドラマ『仮面ライダーウィザード』にヒロイン・コヨミ役で出演。

現在は、女優・タレントとして活動中。

志田友美(仮面ライダー鎧武/ガイム/高司舞&オルタナティブ)

志田友美さんは、アイドル音楽劇グループ『夢みるアドレセンス』のメンバーで、ファッション雑誌『ポップティーン』専属モデル。

2013年の特撮テレビドラマ『仮面ライダー鎧武/ガイム』に、ヒロイン・高司舞/オルタナティブ役(2役)で出演。

股下77.5センチと言う美脚を生かし、番組終了後もモデルやアイドル、女優として活躍中。

内田理央(仮面ライダードライブ/詩島霧子)

内田理央さんは、2014年の特撮テレビドラマ『仮面ライダードライブ』に詩島霧子役で出演。

彼女にとって、これが本格的な女優デビュー作となります。

番組終了後は、ファッション誌『MORE』専属モデルを務め、2016年には、映画『血まみれスケバンチェーンソー』で初主演を果たします。

『平成ライダーシリーズ』は、ドラマ出演が決まる前から全部観ているほどのオタクで、

『仮面ライダーカブト』(水嶋ヒロ主演)のヒロイン高鳥蓮華(手嶋ゆか)に憧れていたそう。

『仮面ライダードライブ』に出演出来なかったら芸能界を引退し、普通に就職しようと決めていたんだとか。

主演の泊進ノ介/仮面ライダードライブ役は、いま人気急上昇中の俳優・竹内涼真さん。

馬場ふみか(仮面ライダードライブ/メディック)

馬場ふみかさんは、地元の新潟のフリーペーパー『新潟美少女図鑑』のモデルとして芸能活動を始め、2014年に映画『パズル』で女優デビュー。

同年に、特撮テレビドラマ『仮面ライダードライブ』に敵幹部・メディック役でドラマ初出演。

本当は、内田理央さん演じる〈詩島霧子役のオーディション〉を受けたそうですが、

ドラマに出演した経験のない彼女をいきなりヒロインに抜擢するには無理があり、残念ながら落選。

しかし、制作者側の「悪役であるメディックを子供たちに嫌われないキャラにしたい」という思いから、童顔で可愛らしい馬場ふみかさんを選んだそうです。

番組終了後には、ファッション誌『non-no』専属モデルや「Eカップ」という巨乳を生かし、

ファッションモデルとしては珍しく男性雑誌のグラビアを飾るなど人気も上昇!

モデルとグラビアという事なるジャンルで活躍する「モグラ女子」の代表的な存在として活躍中です。

ウルトラマンシリーズのヒロインたち

特撮は『スーパー戦隊シリーズ』や『仮面ライダーシリーズ』ばかりじゃない!

『ウルトラマンシリーズ』の中にも、無名から有名になった女優さんたちがいます。

土屋太鳳(ウルトラマンゼロ/エメラナ姫)

土屋太鳳さんは、2015年のNHK連続テレビ小説『まれ』で主役を演じ、一躍ブレーク!

今では、最も人気のある女優さんの1人になりました。

2010年、映画『ウルトラマンゼロTHEMOVIE超決戦!ベリアル銀河帝国』に、ヒロイン・エメラナ姫で出演。

彼女にとって、初のヒロイン役でした。

小さい頃から弟や姉と一緒にウルトラマンシリーズを観たり『ウルトラマンフェスティバル』にも行っていたと言うほどの「ウルトラマン好き」な太鳳さん。

今年27回目を迎える池袋サンシャインシティの夏休みイベント『ウルトラマンフェスティバル2017』の公式サポーターにも就任しました。

百川晴香(ウルトラマンX/高田ルイ)

百川晴香さんは、アイドルグループ『全力少女R』のリーダー。

2015年の特撮テレビドラマ『ウルトラマンX』に、高田ルイ役で出演。

NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』にも少しだけ出演したみたいです。

もしかしたら将来、朝ドラ主演なんて事もあるかも!?

(関連記事ー榊原るみ【画像】特撮ヒロインたちのヌードもどうぞ。)

 - 女優 , , ,