篠山紀信がヌードにした女優たち【平成編その2】

      2018/08/08

昭和から平成になり、一大「ヘアヌードブーム」が起こった芸能界。

女優・樋口可南子さんを皮切りに、宮沢りえさんがブームを作り、もはやヘアーを見せないヌードはヌードではないかのように

若手のみならずベテラン女優たちまでもが、大胆に陰毛を披露するようになりました。

そのブームを仕掛けたのが、写真家・篠山紀信

そんな彼が写真家としてスタートし、これまで脱がしてきた女優やアイドルたちのヌード画像を

「昭和」「平成」編に分けて何回か紹介してきましたが、今回は「平成編」の第2弾をご覧いただきたいと思います!

※紹介する画像は、必ずしも篠山紀信氏の作品とは限りません。

アダルト動画 DUGA -デュガ-

荻野目慶子|20歳と26歳の裸体

女優の荻野目慶子さんと言えば、昨年「バブリーダンス」をキッカケに再ブレークを果たした

元アイドル・荻野目洋子さんのお姉さんとして知られていますが、

最近はドラマなど、あまりテレビでお見かけすることがありません。

彼女は2012年の48歳のときに、

クリニックや医薬品会社を複数経営するセレブ医師(当時50歳。元ラガーマンでバツイチ)と結婚。

実母の介護もあるみたいなので、仕事をセーブしているのかもしれません。

そんな彼女がヌードになったのは、写真集『Breezyday忘れた日accidents4』。

この写真集は、彼女が26歳のときに撮影したものですが、

発売されたのは、それから5年後の1995年のことでした。

さらに1998年には、『アクシデントシリーズ2』を発表。

こちらの表紙には「20歳の冬、そして26歳の夏」というフレーズが書かれてあることから、

この写真集はきっと、篠山氏お得意の手法である

過去に撮りながら発表されなかったヌード写真と、すでに発売されている写真集

『忘れた日』の未公開写真などを1冊にまとめたものなのでしょう。(たぶん)

大竹しのぶ|さんまの反対を押し切り離婚覚悟のヌード

女優の大竹しのぶさんがヌード写真集『闇の光』を発売したのは、

お笑いタレントの明石家さんまさんと離婚した翌年の1993年のことです。

篠山紀信氏が大竹しのぶさんにヌード写真集の出版の話をしたときは、まだ2人が結婚生活は続いていました。

彼女はこの話に乗り気だったそうですが、

夫であるさんまさんの方は脱ぐことには反対だったらしく、

この写真集発売が「離婚」の決定打になったとも言われています。

その後、出版社からさんまさんの事務所に写真集が送られてきたそうで、5ページ見たところで彼は…

「知ってるわ!」と吐き捨てるように言い、写真集を放り投げたと言います。

さとう珠緒|無名モデルだった19歳

90年代後半から2000年代始めに「ぶりっ子キャラ」で人気を集めたさとう珠緒さんは、

「珠緒」の名義でグラビアモデルとして活動していた19歳のときに

『週刊ポスト』の「新・激写」シリーズでヌードを披露しています。

(1993年の正月合併号。発売は1992年末)

そのヌードの反響はすさまじく、その1か月後の2月5日号と2月12日号に彼女が連続で登場しています。

これは、当時無名だったモデルとしては異例のことと言えるでしょう。

その後の彼女は、1994年に行われた『95チャイニーズ・モンゴルスター・コンテスト』で演技賞を受賞し、

その翌年に出演した特撮ドラマ『超力戦隊オーレンジャー』のオーピンク役に抜擢されたことで、徐々に世間に知られるようになります。

そして、1996年にテレビ東京系の深夜バラエティー番組『出動!ミニスカポリス』の初代ポリスを務め、

番組内で使った決めゼリフの「ぷん!ぷん!」で一世を風靡することになります。

最近テレビで見かかることが無くなったさとう珠緒さんですが、やはりそういうタレントさんたちには「ヌード」のオファーが届くみたいで、

彼女の場合AV出演で1億円!ヌード写真集で3000万円という報酬提示があったと言います。

梅宮アンナ|羽賀の借金返済のために

1990年代に、女性雑誌『JJ』の専属モデルとしてだけでなく、バラエティー番組そしてワイドショーをも賑わした2世タレント・梅宮アンナさん。

1994年ごろから、彼女はタレントの羽賀研二さんと交際を始めますが、

それを父親である梅宮辰夫さんが大反対。

公然と羽賀さんを批判や叱責するなどしたため、ワイドショーがそれを大きく取り上げ騒動に。

そんな交際騒動のさなかにあった1995年に、

彼女は、篠山紀信氏撮影によるヌード写真集『アンナ愛の日記』を発表。

これは、恋人である羽賀さんとのペアヌードであることも話題になります。

この出版に対して、当時羽賀さんは多額の借金を抱えており

「その返済のため彼が企画したものだ」…と言われていましたが、

後にアンナさんは「私一人で考え、純粋にメモリアルとしてやったもの」と発言しています。

2人は、1999年に破局を迎えます。

(関連記事ー篠山紀信がヌードにした女優たち【平成編その1】もどうぞ。)

 - 女優 ,