松本穂香【画像】乙女寮の仲間4人の女優たち

      2018/08/08

女優・有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』がスタートしてから早1ヶ月…。

家族の家計を支えるため、そして東京に出稼ぎに行ったまま帰らない父を探すために故郷・奥茨木村を離れ、集団就職で上京した主人公・矢田部みね子。

彼女が働くことになる向島電機には、その工場で働く女工員のための寮〈乙女寮〉があります。そこで同室となる新しい仲間を演じる4人の女優たちを紹介。彼女たちの経歴は!?

乙女寮の仲間たち

5月1日から、新たに『東京編』がスタート!

乙女寮でみね子と同室となる新たな仲間4人の女優さんは、まだまだ世間的には知られていない無名女優さんです。

しかし、朝ドラに出演することで今後注目されるのは間違いありません!

また、みね子と親友の時子も併せて紹介します!

有村架純(矢田部みね子)

おっとり、のんびりした性格で、高校卒業後は家の畑仕事を頑張るつもりだったが、父が行方不明になり集団就職で上京しトランジスタラジオ工場で働く事に…。

朝ドラ出演は、今回で2回目となる有村架純さん。

能年玲奈さん(現・のん)主演の『あまちゃん』で、主人公・天野アキの母親・天野春子の若き日を演じ、これがキッカケで女優として注目されていきます。

朝ドラのヒロインは通常オーディションを行い決定しますが、今回は脚本家・岡田恵和氏の「透明感と力強さが出せるのは彼女(有村)しかいない」という強い要望で、オーディションを行わず主演が決まりました。

これは、女優・吉高由里子さん主演の『花子とアン』以来2度目とのことだとか。

東京編では、『あまちゃん』で親子役だった女優・宮本信子さんとの共演に注目したいですね。

佐久間由衣(助川時子)

みね子の幼なじみの同級生・時子は、自他ともに認める村一番の美少女。

みね子とは親友だが、性格は対照的で気が強い。工場で働きながら女優を目指す。

佐久間由衣さんは172cmの高身長を生かし、ファッション雑誌『ViVi』の専属モデルとして活躍する傍ら、CMやドラマ映画にも出演。

初主演ドラマ『トランジェットガールズ』で注目されます。

『ひよっこ』のオーディションでは、女性1293人の中から選ばれました。

私生活では、人気俳優・綾野剛さんとの熱愛報道も…。

小島藤子(秋葉幸子)

小島藤子さん演じる秋葉幸子は、みね子たちの工場の先輩で、乙女寮の寮長を務める。

中学卒業後、向島電機働き始めた。みんなに慕われる優等生。

課外活動のコーラスを指導に来る・雄大と婚約中。

彼女は、女子小学生ファッション雑誌『ニコ☆プチ』の専属モデルを務め、

テレビ東京系の子供番組『おはスタ』で〈おはガール〉としてレギュラー出演していました。

その後は女優デビューし、ドラマ『小公女セイラ』(脚本・岡田恵和氏)のイジメっ子役で注目されることに。

ドラマでは、みんなをまとめるしっかり者のお姉さん役ですが、役を離れると周りから「3歳児」と言われるほど子供っぽい面があるそう。

朝ドラは、『カーネーション』以来の出演。

八木優希(夏井優子)

八木祐希さん演じる夏井優子は、みね子たちの工場の先輩。幸子とは同期。

中学卒業後、向島電機働き始めた。仕事は工場内でトップクラスだが、身体が弱く度々寝込んでしまう。

可憐で可愛らしくお姉さん的存在で、みね子の憧れ。

実年齢では、同室メンバーで一番若い16歳。

2008年に、元・SMAP香取慎吾主演のフジ系ドラマ『薔薇のない花屋』の汐見雫役で注目されます。

朝ドラは、脚本家・岡田恵和氏の『ちゅらさん』『おひさま』につづき3度目の出演。

松本穂香(青天目澄子)

松本穂香さんが演じる青天目澄子は、家計を助けるため中学卒業してすぐに上京してきた。

マイペースで、なにをするのも遅く度々生産ラインを止めてしまうが、悪びれる様子はない。

課外活動のコーラスと食堂のカレーライスが楽しみ。

主演を務める有村架純さんの事務所の後輩で、フジ系月9ドラマ『いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう』でも、介護施設の同僚役で一緒に出演しました。

普通でしたら、こうしたバーターを事務所の「ゴリ押し」と言われ批判を浴びるのでしょうが、

しかし、いま乙女寮メンバーの中で一番注目されている女優さんは彼女ではないでしょうか!?

松本さんは自分の性格について「根暗。でも、完全にネガティブではなく物事を斜めから見る」タイプみたいで、同じ感覚の人たちに好かれる女優さんになりたいとの事です。

事務所の後輩である彼女について有村さんも、「話すと変わった感じの子なので、その普通でない良い意味でのズレた感じが世の中に面白く伝わってくれるといいな」と語っている事から、

松本穂香さんは、チョット不思議ちゃんなのかもしれませんね。

ドラマの中で、夕食のカレーを真っ先にお代わりに行く姿や夜中に他のメンバーが騒いでいても口を開けて爆睡するカワイイ寝顔に癒される視聴者が多数。

『あさが来た』で同じような眼鏡っ子キャラで人気に火がついた女優・吉岡里帆さんのように、朝ドラが終了した時にブレークしているかもしれませんね。

藤野涼子(兼平富子)

藤野涼子さん演じる兼平富子は、中学時代は成績優秀で体育以外オール5だったが、家が貧しかったため進学を諦め就職。

頭が良く仕事も出来るが、高校に行けなかった悔しさから周りにトゲのある言い方をしてしまう。

通信制で高校卒業を目指し、休日も勉強する努力家。澄子とは真逆のタイプのためソリが合わない。

藤野涼子さんが注目されたのは、初主演を務めた宮部みゆきさん原作の映画『ソロモンの偽証』。

この映画のために約1万人の候補者をオーディションし、主演に大抜擢されたのが彼女。

「藤野涼子」という名前は、その映画の役名でもあります。

この映画以前の代表作は「通行人です。」と語っており、ドラマなどに出演してもエキストラばかりだったようです。

今回の『ひよっこ』には、映画で父親役だった佐々木蔵之介さんも出演していますが、共演はあるのでしょうか!?期待して観ましょう!

 - 女優 ,