熟女優が映画の濡れ場シーンでみせた熟れた身体【画像】

      2018/08/08

年齢を重ねても、なおエロさを失わない美熟女優たちが映画で魅せた濡れ場シーンを紹介!

30~50歳の熟れた身体は堪りませんぞ~。

(関連記事ー映画やドラマの濡れ場シーンで感じる女優たち【画像】もどうぞ。)

かたせ梨乃|中年男女の濃厚濡れ場シーン

熟女優・かたせ梨乃さんが濡れ場シーンを魅せてくれたのは、1997年公開の映画『身も心も』。

いまだ青春を引きずる「全共闘世代」の中年男女4人の恋の物語。

50を前にして人生の岐路に立つ彼らが、かつての恋人を、親友を裏切った者同士の複雑な人間関係を、中年になった4人の哀愁をにじませながら解き明かす…。

かたせ梨乃さんとの絡みをみせてくれるのは、俳優の柄本明さん。

おっ、そう言えば、彼の息子で俳優の柄本佑さんも映画『フィギュアなあなた』で、

「等身大のフィギュア人形」を演じる佐々木心音さんと、濡れ場シーンをみせてくれていました。

(関連記事ーベッドシーン【画像】女優が映画やドラマでみせた魅惑の濡れ場もどうぞ。)

しかし、俳優なんて仕事をしていると、こういう時困るでしょうね。

父親が息子の、息子は父親の濡れ場シーンを観たりするんでしょうか?

気まずいなぁ~。

映画は、2人が貪りあう濃厚な濡れ場シーンの連続。

かたせ梨乃さんの喘ぎ顔が素晴らしい!

うつ伏せの中年の熟れた身体。

ハリのないボテッとしたお尻が生々しいですね。

オッパイも年齢を重ねたことで垂れ気味ですが、それがまたイイです。

クンニされ、気持ちよさそうな顔を見せるかたせ梨乃さん。

高岡早紀|立ちバックで家を徘徊

40を過ぎても、なお男を惑わす美熟女優・高岡早紀さんの濡れ場シーンが観られるのは、

2005年公開のオムニバス映画『female~フィーメイル』の『夜の舌先』。

この作品は、離婚した高岡早紀さんの「女優復帰作」として注目を集めました。

工場で働く正子(高岡早紀)は、有給休暇を使い行った南の島のバザールで、古ぼけた香炉を手に入れる。

それは、気になる異性の髪の毛を燃やすとその人の夢が見られると言う不思議な香炉だった…。

それを手にした正子は、5つ下の営業の浅山(近藤公園)を思い出す。

たいした男じゃないけど「営業の浅山、チュウしたら意外といい仕事しそう。あの白い指でいじられたら…あたし絶対凄い声出す…」

そんな妄想を抱いていた彼女は帰国後、浅山の髪の毛を手に入れ香炉で燃やし、常習になった睡眠薬を飲み眠りについた…。

すると、いきなり営業の浅山と全裸で抱き合っている夢を見る正子。

うおおおおっ!

ベロチューがエロいですねぇ~。

バックから突かれる高岡早紀さん。

以来、彼との淫らな夢に夢中になり、正子は何度も浅山の髪の毛を手に入れ、

常用の睡眠薬を飲み眠りにつく…。

何故か、いつも目覚める時に聞こえる扉のノックに出ようと、

営業の浅山(近藤公園)とハメた状態で家の中をウロウロ歩き回る正子。

バックからハメた状態で階段は大変でしょうね。

いつもノックされる扉を開けたとき、正子が見たものは一体…

榊原るみ|引退覚悟のオナニー

特撮番組『帰ってきたウルトラマン』のヒロイン・坂田アキ役などで知られる清純派女優・榊原るみさんがオナニーシーンを披露したのは、

2002年公開の主演映画『ひとりね』。

(関連記事ー榊原るみ【画像】特撮ヒロインたちのヌードもどうぞ。)

監督は、榊原るみさんが2001年に再婚した「すずきじゅんいち」。

同作品には、元夫との間に生まれた娘で女優の松下恵さんも出演しています。

(2001年~2003年9月まで「榊原めぐみ」という母方の名義で活動)

「元祖・お嫁さんにしたい女優NO.1」の榊原るみさんの貴重なヌード!

若い時はムッチリ体型でしたが、50歳になった彼女の裸体は腰もクビレてスレンダーな体つきです。

彼女が演じるのは、

性的欲求に駆られる中年の主婦役。

清純派女優から脱却するため、この作品で引退覚悟のオナニーシーンを披露しました。

寺島しのぶ|ダルマ夫にまたがり騎乗位SEX

女優・寺島しのぶさんが戦争で手足を失い帰還したダルマ夫とのSEXシーンを見せてくれたのは、

2010年公開の映画『キャタピラー』。原作は江戸川乱歩の短編小説『芋虫』

寺島しのぶさんは本作で、第60回ベルリン国際映画祭最優秀女優賞を獲得。

日本人として、35年ぶり3人目の快挙を果たしました。

太平洋戦争のさなか四肢を失い、顔は焼けただれ姿で戦地から戻ってきたシゲ子(寺島しのぶ)の夫・久蔵(大西信満)。

久蔵は外面は好青年で通っていたが、実は家庭内では欲深く暴力的な夫で、

負傷し帰還してもその強欲性は変わらず、シゲ子に美味しい食事、名誉の誇示、性行為を要求し続けます。

ダルマ夫と正常位SEXするシゲ子。

しかし、こんな状態でどうやって腰を動かすんでしょう?

この寺島しのぶの「手足の無い不自由な夫」との濡れ場は、ベルリンでも「すごい!」と評判になったと言います。

寺島しのぶさんの熟した三十路のエロ尻、

堪りませんなぁ~。

寺島しのぶさんの小振りなオッパイ。

手足の無いダルマ夫の上にまたがり、騎乗位SEXする寺島しのぶさん。

彼女は、いわゆる「美人女優」ではない分、その裸体は「リアリティー」があってソソられてしまいます。

宮崎ますみ|娘に嫉妬し夫とのSEXにふける母

映画『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる宮崎ますみさん。

彼女が12年ぶりに女優復帰を果たし、濡れ場シーンを披露した作品は…

鬼才・園子温監督の映画『StrangeCircus奇妙なサーカス』(2005年)。

実父に犯される小学生の娘・美津子に対し、

「女」として激しい嫉妬を覚え、娘に虐待を繰り返す母親・小百合を演じています。

父と娘の関係は次第にエスカレート。美津子は父親に抱かれているうちに、

自分が美津子なのか母親の小百合なのか分からなくなり同化する…みたいな話だそう。

近親相姦、人体改造、幼児虐待、そして、エログロ…安定の園子温ワールド!

園子温監督の作品は『冷たい熱帯魚』を観て懲りたので、

多分この作品を観ることは無いと思いますが、なんか、かなりゲスい作品みたいです。

宮崎さんが演じる小百合は、娘に夫である剛三を奪われまいと、彼とのSEXにふけります。

バックで突かれ、ヨガる宮崎ますみさん。

オッパイの大きさの割に、かなり存在感のある乳首ですね。

 - 女優 , , ,